特定商取引

特定商取引

特定商取引とは、消費者と事業者との間で取引が行われる際に、事業者が消費者に対して必要な情報を提供することが義務付けられている制度です。この制度は、消費者保護の観点から設けられています。
特定商取引においては、以下の情報を消費者に提供することが求められます。
  • 事業者の名称
  • 事業所の所在地
  • 電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報
  • 商品やサービスの価格
  • 代金の支払い方法
  • 返品・キャンセルの条件
  • 商品やサービスの内容、仕様、効果など
特定商取引に違反すると、消費者庁から注意喚起や罰則が科せられることがあります。事業者としては、適切な情報提供を行い、消費者に安心して取引をしてもらえるように心がけることが大切です。